投資を考えている方、大勢いると思います。このご時勢、ネットの普及により様々な情報が飛び交っています。その中で見た「これで儲かった」をあなたも実現できるでしょうか?危ない投資をする前に、どうかこのサイトを見ていってください。

NISAの投資が有利、申込書類に住民票の写しが必要

平成26年、2014年の1月からNISA、少額投資非課税制度が始まりました。その前年、平成25年の2013年までは株の配当金などは10%の軽減税率になっていて、優遇税制になっていたのですが、2014年からは優遇がなくなり、20%になりました。しかしその代わりNISAという制度ができ、NISA口座で購入した上場株式の配当金などは、年間投資額が100万円までは(2016年からは120万円に増額)5年間非課税になることになりました。特に初めて株への投資をやってみようという人は、最初のうちは少額から始めるものですし、この枠内に収まりますから、このNISA制度を使うとずいぶん得です。逆に言えば、この限度額の範囲内で投資しようと考えますから費用を使い過ぎることがなく防波堤になります。そのため、定年後に年金や退職金を使って投資を始めてみようという人にも最適です。NISAを使うのに大事なポイントは、NISA口座を新たに別に開設しなくてはならないということです。そこで、証券会社などから申込書の用紙をもらい、それを提出するのですが、提出する申込書類はその申込書だけではなく、住民票の写しなどを添付する必要があります。これは、NISA口座が1人1口座と決められているためです。なお、この際大切なのは1月1日時点の住所が証明できる住民票という点です。証券会社は申込書類を受け取ると、税務署へ確認します。NISA口座の開設の申請を、証券会社が税務署に行なうというわけです。税務署は証券会社に確認書を交付します。これで無事NISA口座の開設が完了するということになります。この時、書類を提出してから確認まで3週間から4週間かかるとされています。開設を申し込む時点で買いたい株式があっても開設完了まではNISA口座では買えないことになりますから、早いうちに住民票の写しを事前に用意しておくといいです。